くふうボックス

ライフハックや仕事、人間心理、ちょっとの「くふう」で快適に!

ライフハック

ダイソン掃除機DC62と我が家のお掃除所作7節

投稿日:

ダイソンのコードレス型掃除機「DC62(Dyson Digital Slim DC62 モーターヘッド)」が我が家にやってきて半年が経ちました。評価サイトで書かれている通り、機能は一長一短ですが、筆者は満足しています。今回は導入半年で考えてみた我が家流のお掃除術とDysonとの上手なお付き合いの仕方をご紹介したいと思います。

「使えねぇ!」→「なかなかやるじゃん」

 友人の家で使っていたダイソン。モビルスーツを思わせるイカツイデザインが気に入って、東芝のキャニスター型掃除機から買い換えました。

dyson-dc62

dyson-dc62

 Amazonから届いたDC62にまずは充電。トリガー式のスイッチに戸惑いながらもお掃除開始しました。いろいろ話題になっている騒音はジェット機のような、歯医者のような、「キュウィィィン」という機械音です。静かとは言えませんが、筆者はあまり気になりませんでした。

 で、音よりも気になったのがdysonが誇る「吸引力」。自慢の「2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロン」。確かに吸う吸う。ですが、長さ1センチぐらいの紙くずは思い切りスルーされました。なるほどダイソン。粒子状のホコリや毛髪類には無双ですが、いわゆるゴミくずはあんまりです。

 「使えねぇ!」と放り出したくなりましたが、目に見える大きめサイズのゴミは拾えばいいことで、逆に目に見えないようなゴミこそダイソンのお仕事と発想を変えると、抜群の吸引力が生きてきます。

clean white plates

clean white plates

 1回の充電で20分しか動かないので、10分間床を掃除し終わった後、モーターヘッドを付属のミニモーターヘッドに付け替え。ベッドやソファ、クッション、ぬいぐるみなどをDC62を吸い付かせていくと、薄灰色をした粒子状のダストがヒュンヒュン、ワサワサと貯まっていきます。これは実に気持ちいい!

ダイソンの特性を生かすお掃除所作

 付き合って半年。それとなくダイソンの生かし方が分かってきたので、我が家のお掃除テクとしてまとめておきます。ごく当たり前の所作ではありますが…。

  1. ダイソンの前に片付け。床の上のものをどける

  2. 落ちているごみを片っ端から拾ってポイ♪

  3. ダイソン登場。ダイソン内のごみが空かチェック。←重要。ごみがワサワサたまるのを楽しむ

  4. 充電式ダイソンは稼働時間20分。10分で床を掃除する気持ちでバーッと掃除

  5. 残り10分、我が家では曜日ごとに集中清掃区域を決定しているのでそこに集中

  6. 充電がそれで終わればお仕舞い。残っていたら家電類を軽く掃除←家電はほこり吸い寄せやすいので

  7. ダイソンのごみ内を捨て充電スタンドへ。お疲れ様でした

まとめ

ダイソンでの掃除は実に楽しいです。コードレス充電式であるDC62を選んで、最初は「20分で掃除終わるんかいな」と不安もありましたが、「20分で掃除を終わらせる」ことを念頭に効率良く掃除するようになりました。

20分で充電が空になるまで掃除して、タンクにたまったゴミを見ると何ともいえない充実感に浸れます。軽い運動の感覚でやると気分も爽快ですよ!

Sponsored Link

Sponsored Link

-ライフハック
-, ,

Copyright© くふうボックス , 2017 AllRights Reserved.