くふうボックス

ライフハックや仕事、人間心理、ちょっとの「くふう」で快適に!

仕事術

「仕事が速い」「仕事ができる」と言われる人々の共通点7項目

更新日:

 勤め先では上司から「グズ」「のろま」と罵られることしばしばですが、入社ウン十年も経ち大分文句にも慣れてきた感があります。一生懸命やってるんですけどねぇ。このズレた一生懸命ぶりがまた上司をいらつかせているのかもしれません。

 そんな筆者ですが、職場での人間観察は大好きだったりもします。「この人はどうして成績優秀なんだろう」とか「なぜこの人には色々な仕事をテキパキこなせるんだろう」と、世に言う「仕事が速い」「仕事ができる」方々をウォッチするのは日課でもあります。

 そして、観察してみると意外な発見をしました。「仕事が速い」「仕事ができる」人たちは何とはなく共通の行動原理で動いている、という点です。分析したところで実践力や行動力が伴わないのが悲しいところですが、今回はこの「仕事が速い」「仕事ができる」と言われる人々の共通点を7項目まとめて紹介したいと思います。

1:問い掛けに応える

 仕事ができる人たちは基本的に会話が上手だと思います。押したり引いたりしながら、気が付けば彼らの目的とするポジションまで巧みに誘導されてしまいます。

 で、ようく彼らの会話を観察していると、実に絶妙に相手の言葉に「応えて」います。単なる相づちではなく、喜怒哀楽を交え、共感していきます。相手の会話をいったん「引き取って」、咀嚼してから「相手に返す」、この辺のレスポンスがすばらしいです。

2:距離感が絶妙

 「仕事ができる」人たちは、時として執行役員級のお偉いさんにもタメ口を使ったりします。相手が怒ったり不快に思ったりしない程度で、逆に偉い人のお茶目な部分を引き出して見せたりして、周囲を驚かせます。懐への飛び込み方が巧みだなと感じます。

 フランクにくだけてほしいときは見事にくだけて、フォーマルな時は相手を立ててきっちり自分の役割を果たす。この辺を嗅ぎ分ける嗅覚がすばらしいです。

3:段取りが上手い

 飲み会のセッティングや会議の資料づくりなど、多人数が関わるような場面でじつにそつのない動きをみせます。アクシデントが起きても、その事態を想定していたかのようにごく自然に処理してしまいます。

 動きを見ていると、全体の流れを重視しながらも、全体についてこれない人たちへのフォローも抜かりありません。

4:基本キレない

彼らは基本的にいつもニコニコしてます。忙しいことを理由に他人をぞんざいに扱うということが皆無といっても愛想がいいです。

 でも、同時におよそ他人に期待することを諦めているのではないか、とも思えます。もともと期待していないし、できるとも思っていないから怒る理由もない、だからニコニコ。常に最悪のシナリオを想定しているのかもしれませんね。

5:数字に強い

business persons

business persons

 
 彼らは数字に強いです。とはいえ、数字だけの人でもありません。相手の心の動きを察知して、「できない理由を探す」のではなく「できるためにはどうすればよいか」を即座に再計算してきます。

 「1+1=2」は誰でも知っていますが、仮に「1+1=7」という変更を迫られても、「いやぁ1+1は2ですから」と主張するのではなく「分かりました。1+1=7ですね。では右辺からー5させていただきますが、よろしいですか?」ときます。この辺、言い換えれば直感で動く右脳と理論で動く左脳のバランスがとてもいい。

6:ざっくり把握するのが得意

 仕事ができる人たちと話していると、あまりに話題が豊富で、「こいつの苦手分野って何?」とジェラシーを感じることがあります。で、観察してみると、彼らは「物事をざっくり把握する」のがすごく上手で、同時に好奇心、探求心が旺盛です。

 何にでも興味を持ち、即応能力が優れているので、ちょっとかじっただけで各方面の「通好みのポイント」を押さえてしまいます。

7:混乱とかパニックとか大好き

 人生をRPGのようにでも思っているのか、混乱やパニックといった場面を「絶好の経験値稼ぎ」と割り切って、喜々として立ち向かっていきます。

 「苦しんでいる私は美しい」といったナルシストさやマゾっぽさはあるのかもしれませんが、どうも「成長の機会」ととらえている風があります。「この困難を乗り越えると、私はまた成長できる」ですね。

私たち凡人の可能性

 仕事ができる人ウオッチャーとしては、なんだかもう彼らの領域に達するのは凡人には難しい気がしてきました。真似をするにしても、上記7項目を何の気負いも奮闘もストレスもなく実践できる自信は筆者にはありません。

 でも、いきなりすべてを変えるのは無理でも「明日は今日とちょっとでも違う自分になる」と決めておけば、毎日新鮮で違ったフィールドが見えてくるのかな、とも感じています。

 

Sponsored Link

Sponsored Link

-仕事術
-, , ,

Copyright© くふうボックス , 2017 AllRights Reserved.